大学女子バスケットボール部:現役から新入生へ | 慶應義塾體育會バスケットボール部

大学女子バスケットボール部:現役から新入生へ

4年 法学部政治学科 光田 美波(岡山朝日高校卒)

入部動機

私は小学生の時からバスケットボールを続けています。高校3年間で長いバスケットボール人生に終止符を打つつもりでいたのですが、高校の部活を引退した後、受験勉強をしながらやはりバスケットボールがしたいという気持ちが強くなり、どうせやるならサークルではなく体育会で真剣にバスケットボールと向き合いたいと思っていました。
上京してすぐ大学の練習を見学に行ったとき、真摯にバスケットボールと向き合い、同じ目標に向かって一生懸命頑張る先輩方の姿を見ました。そして、私も高い志をもった先輩方がいるこのチームで共にバスケットボールがしたいと思い入部を決意しました。

女子バスケットボール部の特徴

サークルとは異なり、本気でバスケットボールをやりたいという高い志を持つ人たちが集まっています。そのため一緒にバスケットボールをする仲間と切磋琢磨し、お互いに刺激し合いながら成長していくことができます。
体育会に入る一番のメリットは、4年間を通して一生付き合っていくことのできる素晴らしい仲間に出会えることです。苦楽を共にすることで、強い信頼関係を築くことができます。
また、部として「文武両道」をモットーに掲げており、バスケットボールと学業を上手く両立させながら、有意義な時間を過ごすことができます。週に2日のオフがあり、テスト前には学業に専念するため部活が休みになります。そのため部活が理由で学業に支障が出ることはほとんどありません。

地方から入学する方へ

大学で上京し、一人暮らしをしながら部活に所属するのはやはり厳しいのではないかと不安に思っている人は多いと思います。親元を離れ、家事を始め身の回りのことを全て自分でしなくてはならなくなり、さらに部活で時間を拘束されることに、正直最初は私もかなり大変でした。入部を決意してからも悩むことは幾度もありました。
しかし、一番頼れる家族がいないからこそ、部活の同期や先輩が第二の家族として私を支えてくれました。自宅生に比べると苦労することも沢山あります。しかしそのような状況の中で4年間部活を続けることで得られるものは計り知れない上に、将来必ず役立つ貴重な経験になると思います。

4年 商学部 村井 睦(慶應義塾女子高校卒)

入部動機

私は小学校、中学校、高校と慶應義塾のバスケットボール部に所属していました。しかし高校を卒業した際、大学では違うスポーツもやってみたいという好奇心に駆られ、当初他の体育会に入部しました。
それから2ヵ月が経ち、友達がバスケットボールの早慶戦に出場すると聞き応援に行き、試合を見たときに、言葉では表せないほどの感動を受け、またやはり私はバスケットボールが好きだと強く感じました。私は他の部活を辞め、バスケットボールをまたやることを決意し、入部しました。

女子バスケットボール部の特徴

高校バスケットボール部と大学バスケットボール部の違いは、練習がやらされるものではなく、自ら考えて行うものであるということです。上手くなるもならないも自分次第。だからこそ、真剣にバスケットボールができる環境が女子バスケットボール部にはあります。一つの目標に向かって、チームが一体となって練習に取り組んでいます。

何をすべきか悩んでいる方へ

私は他の体育会に入っていたため、2ヵ月遅れてバスケットボール部に入部しました。そのため、初めからバスケットボール部に入部していた子よりも、体力もハンドリングも全てにおいて遅れをとってしまいました。 しかし大学という選択肢の多い環境の中で、初めは違う体育会に入ったものの、沢山悩み、またバスケットボールに携わることができました。遠回りをしてでも、自分の好きなことを見つけることができ、バスケットボールに対する意気込みは誰よりも高く持っています。
また再びバスケットボールに本気で取り組む事ができ、入部してよかったと心から思っています。遅くからでも入部できるので、どの部活に入ろうか悩んでいる方は、ぜひ見学にいらしてください。

3年 文学部 磯部 紗希(國學院久我山高校卒)

入部動機

私は高校3年生最後の大会の前に怪我をしてしまい、不完全燃焼のまま終わってしまったため、大学でも体育会に入ってバスケットボールを続けたいと考えていました。
大学に入学する前に女子バスケットボール部の練習を見学し、真摯にバスケットボールに向き合い、ひたむきに努力する先輩方の姿を見て、自分もここで頑張りたいと思い、入部を決意しました。
また、私の高校は、練習環境があまりよくなく、思い切り練習に打ち込むことができなかったため、練習環境が整っていることに大変魅力を感じました。

女子バスケットボール部の特徴

バスケットボールに対する思いの熱い部員が多いチームです。一人ひとりがチームのために自分が何をすべきなのかを常に考え、その役割を全うする責任感が強い部員ばかりです。
練習中は互いに厳しく自分の思っていることを言い、ぶつかり合い、練習外では学年関係なくとにかく楽しく、メリハリのある雰囲気の中で日々練習しています。
2015年は全員で心を一つにし、チーム一丸となって「3部昇格」という目標を果たしました。次は、「3部定着」という目標に向かい邁進していきます。

外部からの新入生へ

大学入学が決まり、やりたいことが沢山あると思います。体育会に入ると、本来なら他にたくさんのことができる時間も費やさねばならないことに覚悟しきれず悩む方もいるでしょう。
しかし、入部したら絶対に後悔はしません。多くの時間を費やす分、同じ志を持つ仲間と共にバスケットボールに打ち込め、最高の大学生活を送ることができます。バスケットボールが好きだ、本気で何かに取り組みたい、という気持ちがあるなら、ぜひとも体育会に入ってほしいと思います。少しでも興味のある方は、いつでも記念館にいらしてください。

3年 文学部 松浦 紗季(慶應義塾女子高校卒)

入部動機

私は大学入学当初、体育会に所属しようとは思っていましたが、バスケットボール部以外の体育会を考えていました。それは高校生の時に怪我をしたため、プレーヤーとして活動するのは難しく、もしもバスケットボール部でスタッフになったとしたら、プレーヤーをやりたいという気持ちが強くなるだろうと思ったからでした。
しかし、多くの説明会や食事会に参加し、悩み考えた末、私が選んだのはバスケットボール部のスタッフでした。 入部の一番の決め手は、今までずっと続けてきたスポーツであり、やはりバスケットボールが好きであることと、勝利のために自分を追い込み、頑張っている選手たちを、今度は支えていく立場になりたいと思ったからです。

女子バスケットボール部の特徴

バスケットボールに対して努力を惜しまない人たちがこの部に集まっています。1つの勝利対して、全員が集まって話し合い、努力をして獲得していく勝利は格別なものです。
時にはぶつかり合って落ち込むこともありますが、それは全員が真剣に取り組んでいるからこそ起きることで、真剣に取り組んでいなければ起きません。
また、練習は授業や試験を優先しているため、学業に支障をきたすことはありません。練習と練習外ではメリハリをつけ、練習中は集中して真剣に行い、練習外ではとにかく楽しく大学生活を送っています。
入部をしたら、このようなお互いを切磋琢磨しあえる仲間に出会え、かつ楽しく充実した大学生活を送れます。

マネージャーとして入部を考えている方へ

大学に入学したばかりのときは、どの団体に入るかとても悩む時期であると思います。サークル、留学、資格を取るための勉強等、様々な道があり、その選択で今後の人生が決まってしまうのではないか、と自分自身もとても悩みました。 私は内部進学者ということもあって、入部するまでに現役のプレーヤーの方々や、マネージャーの方にお話を聞かせて頂き、マネージャーとして入部することを決断しました。
バスケットボール部はいつでも入部を歓迎しているということが1つの強みなので、入部を考えている方は、焦らず沢山考えてからでも大歓迎です。
バスケットボール部マネージャーにとって必要な事は「チームのためなら何でもできる」という強い志とバスケットボールに対する愛情です。
外部も方もそして内部の方も、もし少しでもマネージャーの仕事に興味を持った方は、このホームページを活用して、ぜひ連絡してください。お待ちしております。