2017年リーグ戦レポート

第15節 国士舘大学戦(2017/10/15)

リーグ戦第15節は、国士舘大学との一戦。
本塾#6堂本(阿)・#7木村・#11澤近・#13山﨑・#14髙田、国士舘大#0角田・#22白井・#32臼井・#62稲見・#86下、ディフェンスはどちらもマンツーマンでスタート。

1P:本塾は、開始から積極的に攻めるもなかなか決まらず、オフェンスの足が止まってしまう。対する国士舘大は、#32臼井が連続でシュートを沈め、順調に得点を重ねる。
本塾は、#7木村・途中出場の#20甲谷が得点するも流れをつかめず、本塾12-24国士舘大で終了。

2P:本塾は、ディフェンスから流れを変えようとするも、国士舘大#22白井・#86下のアウトサイドシュートが立て続けに決まり、さらには前半同様#32臼井にゴール下を制圧され得点を重ねられてしまう。
それでも、本塾#13山﨑・#14髙田・#22堂本(魁)といった下級生が奮起し何とか得点するも、点差を詰めることができず本塾27-46国士舘大で終了。

3P:開始から本塾が攻守ともに光り、一気に点差を詰める。しかし、ここでも国士舘大#32臼井を止めることができず、追いつくことができない。
本塾#13山﨑を中心に果敢に攻めるも、終盤国士舘大#18清水に連続でスリーポイントシュートを決められ、本塾47-63国士舘大で終了。

4P:何としても点差を詰めたい本塾は、#7木村がゴール下で踏ん張り得点を重ねるも、大事な場面でミスが続き思うように攻められない。
対する国士舘大は、内外のバランスがとれた攻撃で順調に得点を重ね、本塾を寄せつけず、本塾62-84国士舘大で終了しリーグ戦通算4勝11敗とした。

2017年10月15日(日)
慶應義塾体育会バスケットボール部 2年 学生コーチ 鈴木 慧

◆ ボックススコアは関東大学バスケットボール連盟サイトでご覧ください。