2017年リーグ戦レポート

第16節 江戸川大学戦(2017/10/21)

リーグ戦第16戦は、江戸川大学との一戦。
本塾#6堂本(阿)・#7木村・#11澤近・#13山﨑・#14髙田、江戸川大#1平岩・#12ジャガニー・#23保岡・#49飯田・#72狐塚、ディフェンスはどちらもマンツーマンでスタート。

1P:本塾は、激しいディフェンスから#6堂本(阿)のミドルシュートで先制に成功すると、#13山﨑が立て続けにシュートを決め順調に得点する。しかし、終盤ミスが続き、思うように点が伸びない。対する江戸川大は、本塾のディフェンスに阻まれるも#12ジャガニーを中心に攻め、両者一歩も引かず本塾15-13江戸川大で終了。

2P:流れをつかみたい本塾は、開始から#6堂本・#11澤近・#20甲谷を中心に攻守ともに機能し、開始5分で13点差と江戸川大を突き放す。しかしその後、江戸川大の猛追を止めることができず一気に点差を縮められるも何とかリードを守り、本塾34-30江戸川大で終了。

3P:前半終盤の悪い流れを断ち切りたい本塾であったが、江戸川大のゾーンディフェンスを崩すことができず、思うように得点できない。その間に江戸川大は、#23保岡を中心に着々と得点を重ねる。終盤、本塾#13山﨑・#14髙田のスリーポイントシュートが決まり得点するも、このピリオドで逆転を許してしまい、本塾49-52江戸川大で終了。

4P:何とか逆転したい本塾は、#13山﨑・#14髙田といった2年生が奮起するも、江戸川大のシュートが次々と決まり、一進一退の攻防が続く。しかし、終盤江戸川大がシュートを決め続ける中、本塾はミスが目立ち点差を離され、タイムアップ。
本塾66-72江戸川大で終了し、リーグ戦通算4勝12敗とした。

2017年10月21日(土)
慶應義塾体育会バスケットボール部 2年 学生コーチ 鈴木 慧

◆ ボックススコアは関東大学バスケットボール連盟サイトでご覧ください。