第67回 関東大学バスケットボール選手権大会レポート

対戦校:茨城大学(2018/4/30)

第67回関東大学バスケットボール選手権初戦の相手は、ノーシードで勝ち上がってきた関東4部の茨城大学。
本塾#4鳥羽・#7澤近・#9山﨑・#10髙田・#14甲谷、茨城大#13岡田・#14弓削・#25近藤・#40天谷・#99古藤、ディフェンスはどちらもマンツーマンでスタート。

1Q:開始から本塾#9山﨑のシュートが立て続けに決まり、このクオーターだけで13得点の活躍。さらに本塾#4鳥羽、#10髙田のシュートも決まり、順調に得点を重ねる。ファウルが重なり、うまく守れない場面もあったが、ディフェンスリバウンドを確実に取り、本塾32-7茨城大で終了。

2Q:このクオーターも1Qの流れのまま本塾#6小原のスリーポイント、#7澤近のゴール下で得点し、さらには途中出場の#19岩片の1on1が決まり、さらに点差を離す。何度か茨城大に走られ、失点を許す場面があったもののディフェンスがうまく機能し、本塾62-16茨城大で終了。

3Q:ベンチメンバーが中心となった3Qは、本塾#12工藤のシュートが連続して決まったものの、茨城大にオフェンスリバウンドからの失点を許し、点差が開かないまま本塾86-37茨城大で終了。

4Q:開始早々、本塾#19岩片が連続してゴール下で得点し、さらに#12工藤のアシストが光り、着実に得点を重ねる。また、ディフェンスでは3Qよりもプレッシャーをかけ、失点を最小限に抑える。残り2分で新入生の#20人見(慶應志木出身)も出場し5得点の活躍。本塾109-50茨城大で、新チーム初の公式戦を無事勝利で飾ることができた。

2018年4月30日(月)
慶應義塾体育会バスケットボール部 3年 学生コーチ 鈴木 慧

◆ ボックススコア

慶應義塾大学

茨城大学