第86回 慶関バスケットボール定期戦レポート

対戦校:関西大学(2018/5/26)

第86回慶関バスケットボール定期戦、今年全関西でベスト4入りを果たし勢いに乗っている関西大学との第1戦。
本塾#4鳥羽・#5原・#7澤近・#9山﨑・#10髙田、関西大#0足立・#7河野・#21窪田・#28中谷・#31梶原、ディフェンスはどちらもマンツーマンでスタート。

1Q:開始から本塾##9山﨑の力強いドライブ、#10髙田のスリーポイントで得点を重ね、中盤では#5原のスリーポイントシュートが決まり、順調に得点を重ねる。
ディフェンスでは上背のある関西大に対して全員で守り、本塾22-13関西大で終了。

2Q:本塾は#7澤近のシュート皮切りに、#4鳥羽・#9山﨑が果敢に攻めるもシュートを決めきることができない。対する関西大はアウトサイドシュートが立て続けに決まり、本塾は逆転を許し本塾37-42関西大で終了。

3Q:本塾は#4鳥羽のドライブからの連続得点で勢いに乗るが、#4鳥羽・#5原が4つ目のファウルを犯し交代を余儀なくされる。しかし、#9山﨑の力強いゴール下、#14甲谷のランニングプレーで得点を重ね、逆転に成功し本塾55-53関西大で終了。

4Q:開始から#9山﨑が一気に7得点しチームに勢いをもたらす。さらには#8吉敷の粘り強いルーズボール、#7澤近の気迫のあるリバウンド、#10髙田が速攻を連続で一気に得点し、本塾82-68関西大で慶関バスケットボール定期戦第1戦を勝利した。

2018年5月26日(土)
慶應義塾体育会バスケットボール部 3年 学生コーチ 鈴木 慧