第86回 慶関バスケットボール定期戦レポート

対戦校:関西大学(2018/5/27)

第86回慶関バスケットボール定期戦、昨日行われた第1戦は本塾が見事勝利し、続く第2戦。
本塾#4鳥羽・#5原・#7澤近・#9山﨑・#10髙田、関西大#0足立・#7河野・#21窪田・#28中谷・#31梶原、ディフェンスはどちらもマンツーマンでスタート。

1Q:本塾は#4鳥羽のドライブ、#5原のアウトサイドシュートが連続して決まり、得点を重ねるも、関西大のアウトサイドシュートが立て続けに決まり、本塾13-18関西大で終了。

2Q:本塾は開始から積極的にシュートを放つも、決めきることができず5分間無得点となってしまう。終盤、本塾#9山﨑・#10髙田がシュートを決めるも、点差を詰めることはできず、本塾20-31関西大で終了。

3Q:逆転を図る本塾は#7澤近のインサイドプレー、#5原・#9山﨑のアウトサイドシュートで得点を重ねるも、相手のランニングプレーが立て続けに決まり、本塾33-53関西大で終了。

4Q:本塾は#5原のスリーポイント、#7澤近のオフェンスリバウンドによって点差を詰めるも、関西大のアウトサイドシュートが高確率で決まり、本塾は追いつくことができず、本塾50-76関西大で 慶関バスケットボール定期戦第2戦を敗北した。

2018年5月27日(日)
慶應義塾体育会バスケットボール部 3年 学生コーチ 鈴木 慧