第94回関東大学バスケットボールリーグ戦レポート

対戦校:江戸川大学(2018/8/25)

第94回関東大学バスケットボールリーグ戦が開幕し、本塾の初戦は昨年のリーグ戦で惜しくも敗れた江戸川大学との一戦。
本塾#4鳥羽・#5原・#7澤近・#8吉敷・#10髙田、江戸川大#1林・#14堀内・#43宮本・#72狐塚・#97田村、ディフェンスは両チームともマンツーマンでスタート。

1Q:本塾のオフェンスから始まった試合は、序盤から本塾#4鳥羽の鋭いドライブ、#10髙田の巧みな1on1で順調に得点を重ね、ディフェンスは江戸川大が落としたシュートを確実に取りセカンドチャンスを与えず、点差をつける。中盤、江戸川大の上背を生かしたオフェンスで得点を許すも、途中出場の#12工藤、#14甲谷の活躍もあり、本塾16-11江戸川大で終了。

2Q:流れに乗りたい本塾は、#7澤近のジャンプシュートを皮切りに、着々と得点を重ねていく。対する江戸川大はゾーンディフェンスで流れを変えようとするも、本塾のオフェンスの勢いは止まらない。本塾の流れが断ち切られそうな場面もあったが、#8吉敷が幾度となくリバウンド、ルーズボールを取り、本塾37-17江戸川大で終了。

3Q:本塾ボールで始まった後半は、開始早々#7澤近が3つ目のファウルを犯し交代を余儀なくされるも、代わりに入った#11岩片がインサイドで奮闘し、さらには#5原のスリーポイント、#10髙田の1on1が光り、テンポ良く試合を進める。中盤、江戸川大#1林のスリーポイントや#72狐塚のレイアップで失点するも、本塾が常に主導権を握り、本塾55-34江戸川大で終了。

4Q:勢いのまま勝ちきりたい本塾は、#8吉敷が攻守ともに躍動し、さらに点差を広げる。中盤からはベンチメンバーが多く出場する時間となったが、#4鳥羽、#10髙田の落ち着いた試合運びで江戸川大の追撃を退け、本塾72-51江戸川大で終了し、無事リーグ戦初戦を勝利で飾ることができた。

2018年8月25日(土)
慶應義塾体育会バスケットボール部 3年 学生コーチ 鈴木 慧

◆ ボックススコア

慶應義塾大学

江戸川大学

※関東大学バスケットボール連盟サイトのボックススコアはこちら