第94回関東大学バスケットボールリーグ戦レポート

対戦校:順天堂大学(2018/9/29)

リーグ戦1巡目の最終戦を迎える本塾。
本日は新人戦では大敗を喫した順天堂大学との一戦。
本塾#4鳥羽・#6小原・#7澤近・#9山﨑・#10髙田、順天堂大#26増田・#29千葉・#37岩井・#44大橋・#73佐々井、ディフェンスは両チームともマンツーマンでスタート。

1Q:順天堂#73佐々井のブレイクでフリースローを与えてしまい先制される。しかし本塾#4鳥羽のスリーポイントシュート、ミドルシュート、ブレイクで得点を連取する。その後も#7澤近のバスケットボールカウント、#4鳥羽のブレイクで点差を離す。対する順天堂大も#44大橋のゴール下でのシュート、#73佐々井のブレイクで得点する。終盤、順天堂大#26増田に連続でリバウンドを取られ得点を許し本塾14-10順天堂大で終了。

2Q:点差を離したい本塾は#7澤近のポストプレーで先制する。その後#10髙田のバスケットボールカウントで点差を離す。しかし順天堂大#37岩井のブレイク、#44大橋のオフェンスリバウンドからのシュート、#73佐々井の1on1で逆転される。本塾も#7澤近のポストプレー、#10髙田の1on1で得点するも、順天堂大#37岩井のブレイク、#44大橋の1on1で追加点を許し、本塾23-26順天堂大で終了。

3Q:追いつきたい本塾だが#44大橋のミドルシュートで先制される。本塾も#9山﨑のスリーポイントシュートで得点を返す。その後順天堂大の#3儀部のスリーポイントシュート、#37岩井のスリーポイントシュート更に#73佐々井の1on1で点差を離される。#9山﨑のオフェンスリバウンドシュート、#7澤近のブレイクで得点を返すも、#44大橋のミドルシュート、#73佐々井にスリーポイントシュート、ミドルシュートを決められ、11点差とされたところで本塾のタイムアウト。その後#10髙田のゴール下シュート、#4鳥羽のミドルシュートで得点を返すも、終盤に#3儀部、#29千葉のスリーポイントシュートが決まり本塾38-51順天堂大で終了。

4Q:何とか勝利したい本塾は#9山﨑のオフェンスリバウンドからのシュートで先制する。しかし順天堂大#29千葉が2連続でスリーポイントシュートを決め、更に1on1でも得点し一気に離される。そして#26増田にブレイクで得点され22点差とされたところで本塾のタイムアウト。その後#10髙田のバスケットボールカウント、#9山﨑の2連続でのスリーポイントシュート、バスケットボールカウントで追い上げを見せる。試合終盤には#10髙田がスリーポイントシュートを沈め9点差まで追いあげるも本塾63-72順天堂大で終了。
リーグ戦11戦目を敗戦し、通算戦績を5勝6敗とした。

2018年9月29日(土)
慶應義塾体育会バスケットボール部 4年 宇野 晋一郎

◆ ボックススコア(関東大学バスケットボール連盟サイトへ)