第94回関東大学バスケットボールリーグ戦レポート

対戦校:順天堂大学(2018/11/3)

リーグ戦の最終戦を迎える本塾。
本日は前回敗戦した順天堂大学との一戦。
本塾#4鳥羽・#5原・#7澤近・#9山﨑・#10髙田、順天堂大#26増田・#29千葉・#37岩井・#44大橋・#73佐々井、ディフェンスは両チームともマンツーマンでスタート。

1Q:#4鳥羽のオフェンスリバウンドからのシュートで先制する。対する順天堂大は#29千葉のミドルシュート、#37岩井のブレイクで得点を重ねる。その後、本塾は#7澤近のオフェンスリバウンドからのシュート、#9山﨑のブレイク、#4鳥羽のスリーポイントシュートで得点を重ねる。順天堂大も#44大橋のミドルシュート、#26増田のゴール下などで得点を重ね本塾17-17順天堂大で終了。

2Q:リードしたい本塾だが順天堂大#29千葉にフリースローで先制される。対する本塾も#10髙田、#8吉敷の1on1で得点を返す。その後、#10髙田のスリーポイントシュートなどで得点するも、順天堂大#29千葉のスリーポイントシュート、#73佐々井のミドルシュートを中心に得点され6点差とされてしまい本塾のタイムアウト。その後は#5原がスリーポイントシュートを決めるも、#73佐々井に1on1でシュートを決められ本塾31-36順天堂大で終了。

3Q:逆転したい本塾は#7澤近のミドルシュートで先制し、さらにオフェンスリバウンドからのシュートで点差を詰める。しかし順天堂大#29千葉、#73佐々井のスリーポイントシュートで得点され点差が縮まらない。終盤、本塾は#8吉敷が大爆発。2本のスリーポイントシュートとバスケットボールカウントで点差を詰め、本塾52-53順天堂大で終了。

4Q:勝利したい本塾だが、順天堂大#73佐々井のフリースローで先制される。そして#34大野のスリーポイントシュートを決められ、点差を広げられる。しかしその後、#7澤近のゴール下シュート、#9山﨑、#10髙田のスリーポイントシュートで逆転する。ここから一進一退の攻防を繰り広げる。
#9山﨑がミドルシュートを決めれば、#26増田がゴール下シュートを決める。終盤5点のリードを許すが、#5原がスリーポイントシュートを決め、#9山﨑がブレイクで得点し同点に追いつく。その後順天堂大#34大野にオフェンスリバウンドからのシュートを決められるも、#5原がスリーポイントシュートを決め逆転に成功。そして最後は#10髙田がブザービートでスリーポイントシュートを決め、本塾76-70順天堂大で終了。
リーグ戦最終戦を勝利で飾り、通算戦績を12勝10敗とした。

2018年11月3日(土)
慶應義塾体育会バスケットボール部 4年 宇野 晋一郎

◆ ボックススコア(関東大学バスケットボール連盟サイトへ)