矢沢正義 | 慶應義塾體育會バスケットボール部

志木高インターハイ届かず、県4位

県ベスト4決めでは快勝したものの、決勝リーグの相手はやはり格上。選手は健闘を見せるも、1回戦対川口北50-74、2回戦対正智深谷72-95と厳しい戦いとなった。最終日の今日対戦の昌平は1月の新人戦で14点差で負けている相手、勝てばIHが決まるため気合十分。

195cmのCを筆頭に上背に勝る相手にオフェンスがなかなか機能せず、前半終了時15点(16‐31)・3P終了時14点(32‐46)のビハインドを背負っての最終ピリオド。ここから最後の闘志あふれる激しいオールコートマンツーマンDEFで差を詰め、終了間際の残り34秒にはついに58-58の同点に追いつき、延長戦へ。連続ゴールで先行するも、残り1.5秒で逆転され一歩届かず。2日続けて観衆を味方につけるバスケットを見せてくれた3年生、お疲れさまでした。

http://saitama.japanbasketball.jp/hs_koho/news.html

新チームはスタートメンバー1名を残すだけとなりますが、(志木高としては)有望な1年生も複数入部しています。夏休みには塾高との合同合宿も予定されており、また一から頑張ります。

応援頂いた皆様、特に遠路となる会場へとお運びいただいた皆様、どうも有難うございました。

志木高監督 矢沢 正義 (S61卒)

志木高IH県予選ベスト4、決勝リーグへ進出!

ベスト4決めの相手は、昨年のこの大会で敗れている春日部東。ここまでの2試合を余裕で勝ってきており、コンディショニングは万全。対する本塾はギリギリの試合が続いており疲労が蓄積、さらに主力選手もケガの不安という状態。

しかしフタを開けてみると、一昨日の0.4秒の逆転劇の勢いそのものに、1Pから本塾のペース。相手のキーマンのオフェンスを粘り強く抑えると、それがストレスになって後半になると相手はファウルトラブルに。結局82-60(24-21, 20-13, 18-8, 20-18)と、リードを奪われることなく予想以上の快勝でした。

これにより20金・21土・22日の4校の決勝リーグに進みます。上位2校に入れれば、千葉インターハイの切符が手に入ります。

http://saitama.japanbasketball.jp/hs_koho/news.html

志木高監督 矢沢 正義 (S61卒)

 

志木高インターハイ予選途中経過

3年生最後の公式戦であるインターハイ予選、地区予選3試合を完勝した後、県大会へ突入。

13日の1回戦勝利に続き、2回戦は前回県ベスト4・関東大会Bブロックでもベスト4に残った、190cm2枚を擁する埼玉栄と対戦。2Pで逆転して前半リードで終わったものの、4P残り3分で再逆転。残り9.8秒2点ビハインドで、マイボール最後のオフェンス。シュートファウルを誘い、フリースロー1本目成功で1点差。ポロリと落ちた2本目のリバウンドを懸命に弾き、最後はゴール下をねじ込み、ベスト8決め唯一のアップセットに。
16日、ベスト4をかけて春日部東と激突!

http://saitama.japanbasketball.jp/hs_koho/2014/2014inhi_ken_katiagari2.pdf

志木高監督 矢沢 正義(S61卒)

志木高関東大会埼玉県予選へ

志木高監督の矢沢です。

遅ればせながら、埼玉県も公式戦シーズン入り致しました。

志木高は西部地区予選において、2回戦対所沢中央高を79-46で、3回戦対朝霞高校を120-54と全く寄せ付けず、全員出場で、県大会出場を決めました。抽選会は7日ですが、1回戦は10日が予想されます。ここでトーナメントを3回勝つと兼ベスト4となり、関東大会(@今年の男子は神奈川)への出場権を得ることができます。

選手・スタッフともこの大会に照準を合わせて、練習に励んで参りました。良いご報告ができますよう頑張りますので、応援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

矢沢 正義(S61卒)