本間安彦 | 慶應義塾體育會バスケットボール部

早慶定期戦 4年ぶりの勝利

春最大の目標である早慶定期戦。このところ3連敗で勝利の美酒にひたれた選手はなし。4年生には最後のチャンスとなるこの試合、トーナメントでは調子が上がらず心配された一戦であったが4年生の意地とルーキーサワの衝撃の活躍で見事に勝利をおさめた。

本塾のスターターは 伊藤・西戸・大元・権田・黒木

激しいマンツーマンから速攻が本塾のプレースタイルであるが、なんといきなり2–3ゾーン。これにはみなびっくり。ここ2年間たちあがりに早稲田に走られたことからは、まず互角に立ち上がることには成功。

1Qは守りあいにあなる、本塾は権田の特点、待望の大元の3P。対する早稲田は山本が得点をのばすが、エース池田は西戸・真木・吉川が代わる代わる張り付きプレーをさせない。20点位は期待していたであろう池田をわずか4点におさえた総合力はお見事(練習で仮想池田を演じた後藤ご苦労さん)

独特の雰囲気のなか1Qはイーブン

2Q 早稲田はセンター宮脇の3Pが出るなど先に抜け出す。しかし本塾はルーキー サワ が躍動する。果敢にリバウンドに絡みセカンドチャンスを生み出す。真木・福元の3Pも決まり逆転し1点のリードで後半へ。

後半は本塾が主導権を握る。

早稲田は河合・渋田・新川のアウトサイドが単発に決まるが本塾は伊藤にエンジンがかかる3P・ドライブ

からのフローターと得点。権田・黒木・サワで回すインサイドもセカンドチャンスをいかし早稲田を引き離しにかかる。さらに速攻から黒木なアリーウープ(ダンクではありませんがナイスプレー)

3Q残り3秒、タイムクロック残り2秒でのシュートはエアボール。しかしこれをサワが拾いブザービーター

どう考えても24秒オーバーなのに ラッキー これで11点差の2桁になるキープレー。

4Qは互角の展開本塾も最大13点まではなすが早稲田は渋田の3P、新川のジャンパーが決まる。

しかし吉川率いるトリオが池田にプレーをつくらせない。(吉川 オフェンスではあまり貢献できなかったが

きょうはDEFが素晴らしい)

無理に放った早稲田のシュートは黒木・サワ・権田が支配しセカンドチャンスをあたえない。

大元も3本目となる3Pを沈める。

3分を切り10点差で早稲田ファールゲーム。しかし本塾は(珍しく・・・失礼 いつもこのくらいの集中力があれば入る)FTを確実にきめ逃げ切った。

 

トーナメント第5戦

トーナメント5戦目は3部の駒沢大学。実力差は歴然であるが次週に早慶戦を控えた5連戦でケガに注意したい微妙なシチュエーション。

本塾のスタータは伊藤・西戸・大元・権田・黒木

試合は権田・西戸の得点で淡々と本塾のリードで進む。昨日よりシュートは決まるが爆発力がなく大量のリードとはいかない。

残り3分で今日はセカンドユニット(吉川・真木・福元・清家・木村と交代。このメンバーでも互角。清家が本日

はG下をバックシュートを含め3本決める。木村もリバウンドから得点するとうまいポンプフェイクからファールを

もらうがこのFTは2本とも✖(今度からは落ち着いてヤろう)

点差こそ大きく離せないなか、3Qは3年目にして桑原・中島の3年生が公式戦デビューさらにこれまた初出場の後藤を加えた3ガードも無難にこなす。後藤が得意の3Pを2本決めると桑原もコーナー」からのジャンパー。中島も無難なコントロールでミスはない。

4Q スターターに戻すと大元の3Pが2本来る。(来週の爆発に期待しましょう)黒木はペリメーターは安定しているが今日はペイント内のシュートがイマイチ(来週しっかり調整しよう)

このメンバーに堂本が起用される。速攻から4特点するなど秋を期待させるプレーをみせた。

残り2秒 ブレイクから木村が完全にノーマーク。豪快にボースハンドのダンク! がボールはリングにはじかれエンディング(このくらいの積極性はルーキーだから評価しましょう。

得点差はともかく4年生の土肥も含め全員出場でトーナメントを終えた。

来週はいよいよ早慶戦。一昨日の早稲田のスタートは池田・河合・渋田・山本・宮脇

本塾の本日のスターターとどのポジションもほぼ同じサイズ。また西戸・河合が洛南の同期ということを覗けば他のマッチアップは本塾が全て一学年上。PG池田にあらされると厄介なのでここを伊藤がキッチリつぶせるかが大きなポイントになりそう。

学生諸君は一週間を集中し盛り上げ、久々の美酒に酔えるよう健闘を祈ります。

S55 本間 安彦

 

トーナメント 順位決定戦

白鴎大学に破れ下位の順位決定戦に回った本塾。2日分を纏めて報告いたします。

第一戦 対法政

本塾のスターターは伊藤・大元・福元・黒木に加えルーキーの木村(本当はトカチョフ(今後はサワと表記します)なのでしょうがなんと学校の試験で欠場・・・この頃の学生は大変です。

試合は本塾が全く精彩を欠く。シュートが入らなければDEFも悪い。

気持ちの上でも、ルーズボールに軽く取りに行き法政のダイブに奪われる。その上奪われた相手を後ろから押さえアンスポ。カードのボール運びでパスを見ていず顔に当てそのままノーマークレイアップされる等等。

さすがの私も「ここがよかった」と書けない内容での大敗。 以上です。

 

第二戦 対国士舘

この日のスターターは伊藤・西戸・大元・権田・黒木(自分的にはこれが現行では一番おちついたスターターだと思っています)

前日に比べればDEFもしっかりはしている。国士舘はサウスポーの3Pシューター原を中心に2メートルの中国人が中心。

たちあがりから原の3Pが決まる。対して本塾は西戸が応酬。さらにサワも1ON1からのスピンムーブで得点リバウンドも頑張る(サワは気持ちもあり良いですよ)

両チームとも点が取れずロースコアのまま前半は2点差で国士舘がリード。

後半国士舘が原の3P・バスカンで抜け出す(大元 方向付けをしっかり!)本j塾はシュートが全く決まらない。アウトサイドのノーマーク・ドライブからのタフショットともにきまらないのでオフェンスにならない。

それでもなんとか食らいつきチャンスを待つが8点差で吉川がFT2本落とす。さらに悪いことにこのリバウンドに黒木がファール。3Q3分を残し4つ目ではベンチに下がるざるを得ない。相手のFTとなり6点差にできるところが10点差。

12点差を追う形となった4Q。サワのペリメータージャンパー、伊藤のベースラインドライブさらにやっと大元の3Pが来る。

残り5分10点のビハインドからブレイクをゲット。さらにこのスローインを大元がスティール。一気に6点差と思われた瞬間、なんと大元G下のイージーシュートをポロリ。

ここからは国士舘のペースアウトサイドシュートに加え中国人にG下で暴れられ一気に点差を離され連敗に終わった。

サワの活躍が収穫とわいえ、このシュート率ではどうにもなりません。さらに「ここぞ」の場面で上級生のミス。明日はよっぽど気合をいれなをさないと、早慶戦が憂鬱なことになりそうです。悪いものは全部だしつくしたと前向きに気持ちを切り替え明日は頑張ろう。

S55  本間 安彦

 

 

 

 

トーナメント ベスト16 対白鴎大学

上位8校に残れるか、はたまた9~16位決定戦にまわるかベスト8の座をかけた白鴎大学との一戦。 本塾のスターターは 福元・伊藤・大元・権田・黒木。白鴎は昨年1部で戦い入れ替え戦にまわらなかっただけあり、結構良いチームに変貌。 特に2メートルのセネガル人・イッサ(本名は長すぎかききれません)に加え196センチのPWを揃え本塾のセカンドチャンスはほとんどない厳しい状況。

序盤は権田が飛ばす。3Pにペリメーター2本を確実に沈める。しかし白鴎もイッサに加えPGのアウトサイドも良く決まる。 白鴎に先に抜け出され本塾の追う展開に。伊藤がFT2本をおとしたのは誤算。 DEFはがんばるがアウトサイドシュートが決まらない。黒

木のG下、伊藤の3Pも単発で6~10点を追う展開。 残り4分本塾は吉川・西戸÷真木に加えトカチョフ・木村の両ルーキーのセカンドユニットに全員交代。トカがJを決めるなどこの間2点はなされるだけでスターターを休ませる良い仕事。 2Qも行ったり来たりのシーソーゲーム。黒l木がG下でがんばり伊藤3Pも大元に当たりが来ない。この状態 ではセカンドチャンスがないなか苦しい。 このQも5分から7分まではセカンドユニット。ここもなんとか踏ん張り11点差ながら後半へ望みをつなぐ。

後半は本塾のペース。(後半は全員交代はなし)吉川がドリブルペネトレイトからのレイアップを2本決めれ ば福元も同様のプレーで得点。さらにはエアボールを黒木・権田がノーマークでゴール下でゲットするラッキーも。3Qは5点ツメ6点差で4Qへ。 なんとか追いつきたい本塾。やっと大元の3Pがでるがきょうはこの1本だけは物足りない。 福元もまだPGには慣れていないのか、ボールを動かせない。さらにスローインで5秒オーバー2回とインターセプト1回。勉強している時間は少ない  明日からは頭を使おう。

残り3分6点を追う展開で白鴎のシュートが大きく弾む。黒木が追いかけ速攻へ結びつけたいところでライン を踏んでしまう。このオフェンスを決められると本塾は一気にペースダウン。まだ時間があるのだからなんとか頑張ってほしかった。(昨年の蛯名のようなありえないような闘志を出す選手がいないのはいたい・・とはいえ蛯名は常人ではないのでそこまでは要求しないが今一つ執念が感じられない)

残念ながら最後は離され下位の受け順位決定戦となったが、今日の課題を全員で克服し3連勝を期待しましょう。

S55 本間 安彦

トーナメント 第一戦 対玉川大学

本年度の皮切りとなるカントウトーナメントの最初の相手は一昨年の入れ替え戦を戦かった玉川大。

しかし力をつけた本塾とは実力差は歴然。1Qから多くのメンバーを使い、点差こだけみれば不安な方もいらっしゃるでしょうが内容は圧勝です。

京王電鉄杯はメンバー不足にくるしんだ本塾ですが山崎(哲)・中村を除き復帰。また1年生もデビューとベンチ

の層も厚くなりました。

復帰した福元がPG. 伊藤・大元・権田・黒木でスタート。

先制は玉川に許すが、すぐに権田の3Pで逆転すると爆発力はないものの黒木のDRを中心に相手の点数を抑える。

オフェンスは伊藤頼みではなく大元・黒木・権田と多彩な攻撃。もちろん要所では伊藤の3Pも炸裂。

1Q半ばで10点差とすると黒木に変えフレッシュマン トカチョフ・サワ(193cm 國學院久我山)が登場。ファーストタッチから1ON1で得点。その後も積極的なオフフェンス・リバウンド・ブロックと活躍。祖国ウクライナの騒乱を吹き飛ばすようなハツラツしたプレーは大収穫。

さらに1Qから吉川・真木・清家・西戸・後藤さらには堂本・木村もコートへ。

まだ細かいミスもあり、吉川が精彩をかいたのが気になったが真木の復調(久我山の後輩 トカチョフによれば高校時代無茶苦茶に怖かったとか・・・プレーで負けるな真木)西戸の安定感、清家の地道なプレーとベンチも使えるメンバーが増え先が楽しみです(あとは山崎(哲)の復帰待ち。

明日はベスト8をかけた白鴎との戦い。2メートルのセネガルを上手くおさえられるかがキーとなるでしょう。

(白鴎の試合をみましたが相手が弱すぎ比較できません)

※今日の番狂わせは専修がなんと駒沢にダブルオーオーバータイムでまけたこと。本塾の後の試合であいかわらずチンタラやっていましたが最初は勝っていましたがこの体たらくです・

 

京王杯の報告

遅くなりましたが京王杯の内容を報告いたします。
(最終日は見ておりませんので最初の4試合分です)

そもそもこの大会は、勝敗より今年度のチームや個人の能力・適正を見極めるのが主眼。とはいえ勝ちグセをつけておきたいところ。

試合に出れるメンバーが豊富になった本塾ではあるが、福元・ようやく力を発揮しだした山崎(哲)・慶関戦でシュート力を見せた後藤がケガ・体調不良で欠場(それほど長引くものではないのでトーナメントに期待)。
さらに、慶関戦でリバウンドに奮戦した中村も諸般の事情で欠場。

また期待の1年生(特に堂本とトカチョフは良いですよ)は、ケガの可能性のある青山・拓殖・特に専修との対戦だけにベンチ外であきらかにインサイドが厳しい。

スターターは伊藤・権田・大元・真木・黒木です。
試合は1部にいたチーム(青山・拓殖・専修)は昨年の相手とは当たりが違い、自分のプレーが出来ずまたインサイドはメンバー不足で体力敵にもきつい(前記3チームとはまだ(このメンバーでは力不足)。

とはいえ、青山には1Qはリード、拓殖戦は前半最後に拓殖のしょうがなく打ったブザービーターがなければ同点。専修も一時25点のビハインドから5点差まで詰めるなど、可能性が皆無なわけではではありません。

課題としは、伊藤は徹底マークされる前提で、権田・大元がどれだけ得点できるかですが、まだ当たり負けし正確性にかけるところをどう克服するかです。

黒木、西戸はそれなりに安定感を見せ、真木もきれのあるオフェンスが復活しつつあり期待できます。

前記の事情で、インサイドの控えは清家一人。慶関戦はケガで欠場した清家ですが、「清家ってあんなにうまかったの」という声が出るほど、2メートルの留学生にマッチアップしても体をはり、ブレイクにも良く走る活躍(練習は裏切らないということです)。

Gの控えは山崎(健)、桑原という昨年は全く試合に関係できなかった両3年生。
必死にやる姿は好感がもてましたが、まだこのレベルではチョット足りない。

とはいえ、山崎も試合毎にミスも減り、日大戦では桑原が3P・3P・2Pと3連続Jを決め、大勝の立役者になるなど、今回欠場の山崎(哲)を含め、昨年は貢献できなかった4人の3年生の成長が、良い刺激になってくれることを望みましょう。

佐々木HCが勇退され、特にオフェンスのスタイルが変わりましたが、1部の高さ・強さに対抗するためには、このチョイスもありかなという、早めの3Pの精度を上げることが必要です。

勝敗はともかくこの経験を活かして練習を頑張ろう。

S55 本間 安彦