本間安彦 | 慶應義塾體育會バスケットボール部

明治をウッチャリ4勝目

リーグ戦も2巡目に突入。前日専修に思わぬ敗戦を喫した本日の明治戦。昨日とは異なり気持ちがはいったプレーで僅少差ながら明治に連勝。4勝6敗とした。

本日も黒木を欠いた中で、高さの明治との戦い。スターターは伊藤・吉川・福元・権田・サワ

1Qいきなりサワが躍動。0度からのジャンパーに3Pで先手を取る。明治のエース・学生日本代表の中東には福元と真木がかわるがわるへばりつき仕事をさせない(トータル8点におさえました)

福元は、攻めてもジャンパーをうまく決める。

ところが6分過ぎサワの2Fに続き伊藤3Fとなりともにベンチへ。Gの控えは豊富だが黒木不在でのインサイドの控えは山崎(哲)と木村。しかし成長著しい2人のビッグマンがDEFを頑張る。点差はつめられたもののリード、を保ち2Qへ。

2Qも伊藤・サワはベンチ。明治の高さに対抗できず逆転を許す。権田も得点すらあがらないがインサイドで木村・山崎をよく操り明治についていく。なんとか4点差で後半勝負に持ち込む。

後半はどちらにも大きな波は来ない。本塾が大元・西戸の3Pで追い上げるが明治もSG吉本が連続3Pで譲らないまま4Qへ。

4Qに入るとエース中東が思うように動けない明治のオフェンスが重くなる(4Qの明治の得点は8点)残り5分 サワのジャンパー(19点は立派)・真木のスティールなどでついに明治をとらえる。さらに吉川が4年生の意地の3Pとドライブで逆転。

さらにサワが続くと他のメンバーはDEFとリバウンドを頑張る。

残り36秒、本塾4点リード。ここでまだ2Fの明治がファールゲーム。普通はスティールを狙うと思うのですか、迷(名ではありません)NBA解説者の塚本明治HCの発想は我々凡人とは違うのでしょう。

4Fとなり真木が2本を確実に沈めこれで勝負あり。5点という僅少差ではあるが明治を連破した基調な4勝目をあげ昨日の悪いムードを払拭した。

黒木欠場という苦しいなか。山崎・木村にある程度の目途がたったのは、怪我の功名。来週の白鴎戦を確実にものにし1部残留に王手といきましょう。

 

S55 本間 安彦

リーグ戦第9戦 自滅で専修に敗れる

まずは体調不良のため、しばらく報告がなかったことをお詫びします。

本日の対戦はいまだ勝ち星のない専修。確実に勝って後半を迎えたい本塾であったが、しまりのない試合で重要な星をおとした

黒木を欠く本塾のスターターは伊藤・吉川・権田・中村の4年生にルーキーのサワ

1Qはサワの独壇場 アリーウープ・ドライブ・ペリメーターとこのQだけで9得点。守っても2Fの権田にかわって途中出場の山崎(哲)・木村がリバウンドを頑張り、大元・福元・真木・西戸のG陣もよくプレッシャーを与え専修を9点に抑える。

しかし、2Qに入ると専修伝統の「いい加減バスケ」にオツキアイ。専修のプレスDEF(学連レポートでは「厳しいDEF」となっていますがなんてことない)に連続2本ボールを奪われる等、4分間ノーゴールで0-12と走られ逆転される。

本塾もブレイクで対抗するが、権田の再三のレイアップへのボディーアタックにも笛はならず(怒)。前半終了のブザービーターで7点のビハインドで後半へ。

後半は互角の展開。本塾は再三24秒オーバータイムにもちこむが、シュートが決まらずスパートできない。しかし、サワが残り1秒にジャンパーを決めなんとかしのぎ4Qへ。

4Q 西戸・大元の3Pも単発。頼みの伊藤もゲームを通し4Pと苦しいながらも残り3分でようやく追いつく。

本来はここで一気にスパートしたいところであるが、西戸からノーマークの伊藤へのパスを伊藤キャッチミス。残り32秒専修に決められ2点ビハインドとなりTO。

TO後のフォーメーションプレーが見事い決まり残り、25秒で大元G下でまったくのフリー。これで同点と思いきやなんとこのシュートを大元ポロリ。(OH MY GOD)

残り34秒で専修ボールとなりファールゲームをしかけるが、FTを確実に決められ足元をすくわれる結果となった。

終わったものはしょうがない。気を取りないし明日からもう一度頑張ろう

 

S55 本間 安彦

国士館に破れ2勝2敗

リーグ戦4試合目の相手は春大敗を喫した国士館

本塾のはいつも通りのスターターで臨むが、国士館の厳しい(ファールの)ハンドチェックに会いいきなり2桁のリードを許す。

その後態勢を立て直し 伊藤・権田の得点などで3点差までもどすが、黒木2Fとなり9点の差をつけられ2Qへ

2Q 早々に黒木3つ目のファールでベンチは。こうなると2メートルの中国人がいる相手に対しインサイドの不利が明白

そのうえ国士館はアウトサイドシュートもよくはいる。一方本塾は大元が絶不調(試合を通し 2点では・・  明日は思い切っていこう)DEFもインサイド・アウトサイドと振られ厳しい展開で前半で13点差をつけられる。

後半も出足はやや国士館。最大15点差とされるが黒木の3連続ゴールで反撃開始。福元がアフターシュートのファールを受けながらもこーなーからのジャンパーを決める。じりじりと差をつめ残り5秒、伊藤の3Pでついに逆転。ところがブザーーと同時に「投げ上げた」ボールに(明らかに入らない軌道だったので関係ないとおもうのですが)

サワがリングより上で触れてしまう3Pのゴールテンディングで国士館がわずか1点だがリードのまま4Qへ(25年くらい前もおなじようなことがありました。サワ 落ち込むことなく明日取り返そう)

4Qは3Q最後のプレーで流れは国士館。黒木4FでインサイドのDEFが苦しくなり、徐々に国士館に離される。伊藤の3Pも学生日本代表にえらばれた国士館・原に3Pで返される。本塾のシュート率が上がらずなかなk点差を詰められず2勝2敗となった。

ここまで4試合、昨年と同じで出足の悪さが目立つ。明日は立ち上がりからガンガン行ってもらいたい。相手の筑波は(本日法政にアップセットをくらったとはいえ)優勝候補(といっても東海がダントツです)の一角。大元ミスを恐れず攻め切ろう

リーグ戦 東海大には試合にならず

連勝でリーグ戦をスタートした本塾の第3戦は、(私の予想では)全勝優勝もあり得る最強の東海大。

変則日程のため2週間連続で水曜に試合が入る過密スケジュールとあり、「勝てる相手に確実に勝つ」が現実的な目標の本塾にとってはあまり無理をしたくない試合。軽い体調不良の福元をエントリーから外しましたが心配はいりません。

スターターは伊藤・西戸・大元・権田・黒木。

スタートのプレーは東海の206センチ橋本の、ペリメーターでのターンアラウンドショット!192センチの黒木 どうやっておさえればよいのでしょう。

本塾もシュートまでのプレーはまずまずであるが、シュートが入らない。土日の試合よりプレッシャーがあるのと、ケビン晴山は不在とはいえ、橋本とザック・バランスキーのインサイドにたいしては、セカンドチャンスは望み薄という重圧があるのか。

さらに橋本は3Pを2本沈める(マイッタ)。インサイドではザックがにうまくプレーされ、そちらに注意がいくと、将来の日本代表PGとの声もあるベントラメの3Pが来る。

1Qこそ、もう少しシュートがはいれば1桁点差でついていけただろうが、これが現在の力の差で1Qで大きく離される。

2Qは中村のハッスルプレー等も見られたがフルパワーの東海に離される。

本塾は冒頭の理由もあり、このあたりから、ベンチメンバーを多く投入。コート上のメンバーは必死に頑張るが点差は開く。

後半は伊藤をベンチに下げほとんどの時間を中島・後藤ガードコンビで戦う。FW/Cも清家・山崎(哲)・木村を長く使い、最後には堂本が初出場。(残念ながら)当然東海の力には及ばず点差は開く一方であったが清家のファイト、山崎のレイアップ

木村のブロック、後藤の3P、中島のボール運び等、光る部分も垣間見ることができた。結果は大敗であるが、彼らが特徴を生かしゲームに絡んでくることを期待したい。

こういった試合には批判も多いと思いますが、本塾にとって、土(といっても3日後です)日と来週の水曜日の国士舘・筑波・法政戦が第一の山場。批判のあることを承知であえて体力温存をはかったこの3試合に 全力で勝ち切る!! ことに期待します。(各人のプレータイムを学連のBOXで確認いただければとおもいます。)

それと 忘れてはいけないのは インカレでは 打倒東海!! 彼らの3倍練習しても勝てない相手かもしれませんが、「練習ハ不可能ヲ可能ニス」気持ちで年初の目標「インカレ優勝」に向け次の3戦をステップにしてほしい。

頑張れ ユニコーンズ!

S55 本間 安彦

 

 

白鴎を粉砕し2連勝

リーグ戦2線目の相手は白鴎大学

本塾のスターターは昨日同様 伊藤・西戸・大元・権田・黒木

ゲーム開始からの厳しいハーフコートのプレッシャーDEFに白鴎は攻め手がない。

(学連のレポートでは「白鴎はミスを連発し・・・」となっていますが本塾のDEFに翻弄されているわけで正確に記載してもらいたいです)

得点の取れない白鴎に対し、本塾は大元の3Pなどで得点し1Qから完全に守り勝ち。

1Q終了のブザーと同時に吉川が放った破れかぶれの3Pはノーカウントの判定(納得できません)

2Qにはいると本塾はペースアップ 真木が厳しいプレッシャーを与えヘルプの福元が連続スティールからのイージーレイアップ

加えて3連続で白鴎を24秒タイムオーバーに追い込む。

伊藤がブレイクでドライブし体の後ろをドリブル」を通しワンステップでレイアップのスーパープレーに会場が沸く(和製Steev Nash を見れて感激)

権田・黒木はシュートがあたらないがDEF・リバウンドで貢献し、サワのジャンパーとガードの多彩なプレーーでリードを広げる。前半許した得点はわずか19点。

2Q最後はリバウンドからサワへ。 サワ残り5秒でハーフラインからシュート(当然入らず 単なるギャグか吉川への当てつけかわかりませんが、これで1Qの吉川のシュートが得点になる・・・わけがないか)

3Qの本塾の攻勢は止まらず22点差となるが、白鴎・大釜にいやな形で2本返され18点差と白鴎に流れが・・・

ところがここで、ハイポストの権田をチェックした白鴎が完全なファール。しかしバスケを知らない白鴎のベンチが猛烈に抗議、これでベンチテクニカル・・さらに権限のないACがコートにまで入り抗議し2つ目のベンチテクニカルで退場。早く栃木の山の中へ帰れ(NBAではあるシーンですが大学では見たことがありません)

FTをもらった伊藤も要領がわからず、しかし4本とも決めるとスローインからパスをもらい3P。伊藤わずか10秒で7点のあらかせぎ。さらに次のポゼションでも吉川が3Pでアットいう間に28点差としゲームをきめた。

その後はベンチメンバーを繰り出す余裕の展開。山崎(哲)、清家は今季初出場。中島・後藤は大学初出場。全員出場でみごと2連勝をかざった。

次戦は優勝候補大本命の東海大。厳しい試合だがテニスの錦織のように 「あきらめずやればチャンスはある」 頑張ろう。

(追伸)

中村は正式に進級が決まったのことです。おめでとう!!

文責 S55 本間 安彦

リーグ開幕戦 明治に快勝

3年ぶり1部の舞台に戻った本塾の開幕戦の相手は前年3位の明治。今年のチーム力を図るには格好の相手。

本塾のスターターは伊藤・西戸・大元・権田・黒木。

立ち上がりは気持ちが空回りか皆川(198)中東(190SF)にやられ、いきなり0-9となりタイムアウト。

ここから伊藤・大元の3Pで盛り返す。

ベンチスタートの真木・福元が中東を追い掛け回しさらに3Pを決める。さらにフレッシュマン サワのハッスルプレーがチームに活力を与える。

1Q 2点差まで戻すと、春シーズンは勉学に専念した中村が大きな相手に果敢に立ち向かう。

一時はまた9点差までにされるが、吉川が兄(弟は明治の1年)の貫録を示す3Pなどでまた互角までひき戻し後半へ。

後半にはいると本塾の厳しいDEFに消耗したが明治は失速。インサイドは黒木を中心に権田・サワがよく守り、アウトサイドチェックもさぼらない。

そうこうするうちに、サワが3本のジャンパーをきめ、西戸も堅実に得点。とどめは伊藤の5本目の3Pがゴールを射抜く。

DEFも最後まで崩れず、最後はルーキー木村も登場し25点差の大差で初戦を飾った。

やはりカギはDEF。このDEFをつずけられれば、優勝とはいかないまでも上位に絡めるのでは。選手全員の一層の奮闘を期待しましょう

 

S55 本間 安彦

現役・OB交流試合((8月24日)

秋のリーグ戦まで2週間となりましたが、本日記念館にてOBと現役の練習ゲームが開催されました。

この時期ですからOBチームも本気。OBチームのスターターは 蛯名・矢島・家治、本橋がPFをCは「腐っても鯛」ではなく「くさってもでかい」原田。控えも(卆年不同) 石井・店橋(兄)、神田(智)黒沢、安西、大木、平石、長命・野呂というベンチを支えた若いOBが大挙集合。(誰か抜けていたら ゴメン)

体力的にハンディがあるとはいえ 原田・本橋のインサイドはでかい。家治は学生時代を上回る得点力を発揮し、蛯名・矢島の全中ベスト5のガードコンビはなかなか力がある。

1本目は現役勝利 2本目は本橋のブザービーター3P!でドロー

その後は 胡桃沢・岩井・板倉・二人の成瀬(あとだれかいたような・・)元スタッフチーム対Bチーム+現役スタッフの笑いあふれる試合。

初めての試みではありましたが、これだけ多くの先輩たちが、真剣に応援してくれていることを再認識するには良い機会であったと思います。なかなか厳しい試合が続くと思いますが、今日いなかった方たちの応援も含め、塾バスケット部の代表として恥じない試合で上位新種を目指してもらいたい。

来週も同様な企画がありますので 「われこそは」という方はしっかり走りこんでおいてください。

また土田前会長もお見えになっており、試合は無理でも多くの方にご参集いただき叱咤・激励をお願いします。

 

S55 本間 安彦

新人戦 対 関東学院大学

新人戦第1戦は関東学院との対戦。

本塾は 西戸・後藤・藤井・サワ・木村でスタート。

スタートは木村のオフェンスリバウンドからの得点。インサイドの大きさで上回る本塾であったが1ON1のDEFが悪い。明成高校出身の相手PGに掻き回され思うようにDEFが機能しない。

しかしここでサワが活躍 インサイド・ジャンパーで得点し本塾が抜け出すがアウトサイドシュートを乱発するだけでキッチリしたオフェンスができない。

さらにファールがかさみ、サワ3Fでベンチへ。しかしベンチスタートの堂本がGood。ミドルシュート、フェイクからのドリブルインと得点を重ねる。

後藤も得意の3PをきめるがまだまだDEFに難がありDEF強化が課題。

松岡・金子も出場し良いDEFを見せる場面もあるが、まだまだ1ON1でやられファールを取られる。

なんとか10点差をキープし前半を終了。

後半サワのポストプレー、西戸の得点、さらに相手のベンチテクニカルファールに助けられ15点差とするが

ここからトラベリング等のミスを連発。6点差まで追い上げられる

しかしこういった土壇場ではやはり西戸。強引なドライブで得点すると木村がローポストから得点。

藤井も「たなぼた」的に加点する。

相手のFT確率の悪さに助けられなんとかかちあがったが、!ON1の悪さからファールトラブルという大きな課題が残った。とわいえまだ先のある選手たちであ今のレベルをしっかり認識して練習に励んでもらいたい。

次の相手は拓殖。

昨年1年生でリーグ戦で得点王になった2メートルのセネガル人・バンバが相手。なかなか厳しい試合となろうが久しぶりのベスト8を目指し頑張ろう。