本間安彦 | 慶應義塾體育會バスケットボール部

オールジャパン1回戦

久しぶりニに出場のオールジャパン1回戦は本塾対酒井(弟)ユースケ。もとい九州電力の対戦。

本塾はインカレで黒木・福元が故障し、スターターは伊藤・西戸・大元・権田・サワとしたがベンチが苦しい。

スタートは、ユースケのかって何度も見たローポストからのステップイン。 ウーンうまい。

本塾はDEFを頑張る、特に権田の頑張りは特筆もの。得点は2点にとどまるが、12Rは良く役割を果たす。

攻め手は大元の3Pが炸裂、対延世大との試合の再現かと思われたが、以降沈黙(来年は波を少なくしてくれ)。

1Q途中で、塾長がお忍びで観戦にみえられる。

1Qは、西戸の3Pもありオフェンスの不調をDEFでカバーし1点のビハインドにとどめる。

2Qは、本塾のシュートが全く決まらない(わずか4点)。九州電力もシュートが決まらないが、ユースケがペイントでつなぎ9点のアヘッドで後半へ。

手薄なインサイドで、木村の健闘も光る。

後半も一進一退の攻防が続くが、相手はユースケがハムストリングを痛めベンチに下がると、本塾が伊藤の3P(本日5本)の3P,サワのバンクシュートで追い上げ3点差とし4Qへ。

4Qユースケ再びコートへ。昔は何度も助けられた「鉄人ユースケ」も、今日はおとなしくしてほしい。

4Qは本塾がペースを奪う。真木の値千金の3P。ブレイクから大元のビハインド・バック・パスから、サワのレイアップなどで逆転。

しかし、九州電力はユースケ。3Pを2本決め残り30秒で同点。ここで伊藤のドライブからのティアドロップが落ちるが、大元がリバウンドを奪い左手のバックシュートが決まり残り4秒で本塾が2点リード。

最後の九州電力オフェンスも、サワがリバウンドを抑え本塾が2回戦に昇進した。

九州電力の松谷はインフルエンザで欠場が残念ですが、となりのコートでは豊田通商の金子が得意の3Pを連発していました。塾のOBの活躍(ユースケには手加減して欲しかった)は、嬉しい限りです

明日勝てば(厳しいですが)、次は栃木の小林 大祐との対戦です。

試合内容はともかく、楽しい元日でした。

インカレ2回戦 法政を破りベスト8へ

インカレBEST8決めの相手は、何のための順位決定戦だったかわからない法政が相手。

本塾のスターターは、伊藤・大元・福元・権田・黒木

立ち上がり本塾は、昨日絶不調の権田のドライブ。福元の3Pで先手を取る。今日の権田は、12P・12Rと4年生の意地で期待に応えました。

その後は本塾はシュートが決まらず。一方法政も、本塾のプレッシャーで得点が伸びない。ロースコアーの展開も、最後にサワが決め本塾の4点リードで2Qへ。

これまで頻繁に交代を繰り返し多くの選手を起用した本塾だが、今日はベンチからスタートしたのは真木・西戸・サワだけ。

2Qも重い試合展開。法政は、加藤が3Pを連続してきめるが大元があたり伊藤も無理ない状態から3Pを決める。中盤からはやや本塾のペース、権田・黒木がDRで頑張り11点のリードで後半へ。

後半も立ち上がりは互角、法政加藤の3Pをおさえきれないが、伊藤が転びながら立ち上がりざま24秒のブザーと同時の3Pで取り返す(ラッキー!!)

さらにブレイクから西戸が決めるなど、本塾のリードは最大13点。しかし、残り1.6秒で法政に3Pプレーを許し、1桁の点差で最終Qへ

4Q阪口HCは、スターター5人をコートに送り出す。結局、4Qは勝敗を託された5人が最後まで頑張る。

早く安全圏に逃げ込みたい本塾であるが、徐々に点差を詰められ3点差に。ここで権田がベースラインからのジャンパーを決め、押し戻す。

しかし、法政もC松沢が踏ん張り残り、1分56秒3点のリードで本塾がタイムアウト。

ハーフからのスローインの2パス目を、大元殊勲の3P。さらにDEFリバウンドを奪うと、大元のとどめの3Pが突き刺さる。

法政も加藤が3Pで最後まで抵抗するが、ここで伊藤がブレイクからファールをもらいながらレイアップを沈めるダメ押し(相撲のダメ押しは怒られるようですが、これはNice!)

伊藤・権田の4年生の踏ん張りで、4年ぶりベスト8・オールジャパンへの出場権を得た。

ベスト4決めの相手は、けが人多数で満身創痍の青山学院を破った、2部1位の大東文化大。

2部1位といえば鈴木君の代が優勝したことが頭をよぎりますが、あの時は入れ替え戦に勝ち。大東は入れ替え戦負けですから、何としても勝たなければいけない相手です。

トスアップは金曜日16:40 At代々木ですので、みなさん明日には早退の届を出して応援のほどお願いします。

 

S55 本間 安彦

インカレ 1回戦 対札幌大学

インカレ1回戦の相手は、北海道1位とはいえ最長身が186㎝という札幌大

本塾は黒木がスタートに復帰し、伊藤・大元・福元・権田でスタート

実力的には大差があるものの、いつもの通り出足はシュートが入らない。

何とか大元が奮戦し、連続3Pを含めこのQだけで10得点。しかし、DEFのプレッシャーも甘く札幌大にリードを許す

残り4分の伊藤の3Pから、サワのきれいなバンクシュートジャンパーなどでペースをつかみ逆転。

この試合も、サワのハッスルプレーが起爆剤となる(22P 10R立派!!)

2Qもスッキリしない展開。これを打開したのが、吉川のブルドーザードリブルイン。カウントワンスローで突き放す。

さらに苦しい場面で西戸が得点すると、木村のトップオブキーからのジャンパーはボードにに当たりネットの中へ(ボードをつかったのですかネ?木村君 なにはともあれ2点は2点です)。

前半で18点差としたが、3Qはやや失速。意志の疎通を欠いたパスミスも目立つが、前半不調の権田がショートコーナーから本日初得点(明日は頼むぞ!)

さらにサワの活躍と吉川の2回の突進で、20点差とする。

4Qは、無理をせず早めにベンチメンバーを使う。学連のスタッツとはあわないのですが、後藤が2本の3Pを決めシューターの片鱗を見せると、理工学部で学業との両立に4年間苦しんだ中村も得点(よかったね)。

全員出場で2回戦へ進んだ。

明日は、因縁の法政が相手(本日法政は、富山大に苦戦4Qにやっとふりきりました。さらに18:00からの試合と本塾には追い風か)。なんとしても久々の「バスケ観戦のお正月」を迎えられるよう、頑張って欲しい!

順位決定戦&インカレ組み合わせ

遅くなりましたが報告いたします。

順位決定戦 対法政

7・8位決定戦はリーグ戦で連勝した法政が相手。

20試合目ということもあり、運動量がより求められる本塾には疲労の色がありあり。それでも勝たなければいけないのが本塾の宿命ですが、この日は見るべき点もなく敗れた。

後半の出足で、伊藤の3Pで8点リードしたまでは勝ちムードであったが、その後は攻守ともに機能せず。最後4分からは、法政に抜け出され8位と順位を落とし、インカレシード権も失う結果となった。

これまで9勝9敗と予想以上の健闘をみせていただけに、この2戦は残念ですが、一部残留という結果は評価しつつ、この2戦に欠けていたものを次に生かして欲しい。インカレのシード権を失ったことも大いに反省して、インカレに全力投球してもらいたい(ところがところが・・・・)。

 

<インカレ組み合わせ>

インカレの組み合わせが発表され、1回戦(25日 墨田区体育館)の札幌大に続き、2回戦(26日 代々木 13:40)になんと 法政との再戦。

ますます 昨日の試合は何だったの? という感じです(テレビ Jスポーツの要請のようですが)

とりあえず法政に「倍返し」・・・古いか? と行きましょう。

勝つとベスト4をかけ 青山との対戦になります(リーグ戦では黒木不在でのジャイアントキリングでしたから、「夢よもう一度」と行きたいところです)。

※先日の報告のなかで「法政に勝つと東海(1位の予定)」と書きましたが、第2シードの(結果として青山)との対戦の誤りでした

S55 本間 安彦

 

順位決定戦 オフェンスが機能せず明治に敗れる

体調不良のため報告がしばらくできず恐縮です。

新設された順位決定戦の最初の対戦はリーグ戦で連勝した明治。

本塾のスターターは伊藤・大元・福元・権田・サワ

出足は本塾が機先を制する。大元の3Pなどで7-0とする。しかし、ここから本塾のシュートが入らなくなる。サワに代えて先週から復帰した黒木、成長著しい木村(DEFとリバウンドはかなり安定してきました)が交代するが、徐々に明治に追い上げられる。

リーグ戦では明治の心臓・中東を完封した真木だが、いきなり「ただDEFの構えをしただけ」なのにハンドチェックのファールを取られ、DEFができなくなる。

明治も決め手には欠けるが、本塾は全く得点できず逆に3点差をつけられ2Qへ。

2Qも重たい展開。そのなかでサワが198センチの皆川の上からリバウンドを押し込むスーパープレー、明治はゾーンに変更。試合は明治ペースで進み、残り2分明治が8点リード。ここで明治・塚本HC、展開にかかわらず必ず取るお決まりのタイムアウト(回りでは「ツカチャンタイム」と嘲笑されています)。日本のバスケットにはCMタイムアウトなどないのに、さすがは迷NBA解説者。

案の定、モメンタムは本塾へ。西戸のドライブ(明らかに押されているのに2点のみ)などで一気に7点を奪い、1点差で前半を終了。

後半立ち上がり、福元のナイスパスからサワが3連続でレイアップ。さらに速攻から8点差となるかと思われた伊藤の3Pがリングに嫌われると、明治のゾーンを攻められない。オフザボールのスクリーンやギャップへのドライブ、インサイドプレーヤーのフラッシュがなくボールが回らない(インカレへ向けての大きな課題です)再び明治に逆転される。

ここで伊藤がスティールからアンスポをもらうが1投をミス。これでサワ・権田・伊藤と5本連続でFTを決められない。

それでも4Q残り3分までは同点でねばるが、ここで明治に抜け出される。残り1分6点差でファールゲームに移行したが、明治のFTは落ちず。不完全燃焼のまま明治に敗れ、7-8位決定戦に回ることとなった。

 

それにしてもこの試合の位置付けは、何でしょう?18試合で得失点差まで考慮し順位をきめているのに、たとえば直接対決が1勝1敗で得失点差で優勝と準優勝が決まり、順位決定戦で準優勝のチームが勝ったら、何のための得失点差かわかりません。(得失点差をなくしてもう1試合ならわかりますが・・・) また今週試合が代々木でできるのなら、なぜ9月の水曜日に2試合開催したのでしょうか?小生には理解できません。

明日(対法政)勝つと、インカレは第8シードでベスト4決めは東海となつてしまうだけに勝っておきたい一戦でしたが、今日の教訓を生かし明日は本当の最後のリーグ戦。素晴らしい試合を期待しましょう。

法政を下し1部残留が決定!

本日の法政戦。ほぼ7位以内の残留を決めている本塾だが、ここは自力で残留を確定したいところ。

スターターは、伊藤・大元・福元・権田・サワ

立ち上がりサワのアウトサイドからリードを奪うもシュートが決まらず、ミスも目立つ。

法政にうまく攻められ逆転を許す。なんとか4点のビハインドにとどめ2Qへ。

2Qもミスが目立つ(吉川丁寧に)。ブレイクを出すもシュートを決めきれないのみならずG下ノーマークを伊藤が落とすなど内容が悪いなか、権田が奮闘。得点はのびないがペリメーターJを確実に決め、シュートフェイクからきれいなカットイン。

ブレイクで審判が法政の選手をスクリーンしてくれる珍プレー。さらに木村の3P(こころもとないシュートですがなぜか入ります)も飛び出し、1点差まで詰め後半へ。

後半は、審判の酷い笛にも関わらず本塾が躍動する。激しいDEFからボールを奪うと、伊藤の3P、3Pですぐ返されると次のOFFで伊藤3Pリーダーの意地で3Pを入れ返す。さらに大元がシューターの本領を発揮し、次々とジャンパーを決め逆転。

後半もサワが好調。ジャンパーに加え、べ-スラインドライブからのレイアップもリングを回りネットの中へ(21Pの活躍も、もう驚かないくらい成長しました。得点だけでなくリバウンドへの意識の高さはピカ一)。

西戸が難しいレイアップを決めると、福元のスチールや真木のタイトなDEFで法政のDEFを止める。5点のリードを奪い4Qへ。

4Qは、本塾本来の「堅守速攻」が見事に発揮される。全員がよくDRに絡み・走る。このQ33点を挙げ、法政に付け入る隙を与えず15点差で快勝。7勝目を挙げ自力で残留を勝ち取った。

3年ぶりの1部、途中から大黒柱黒木を欠きながらサワ・木村の1年生の成長・4年生の自覚、福元がスターターとして機能し、ベンチスタートとなった西戸がよく役割を果たす。真木もDEFで相手エースに有効に機能。大元はちょっと波がおきいが今後に期待。中盤からチームとしての形が出来上がってきたことが、最低目標(2部から昇格したチームにとっては現実的な目標です)を3試合を残してクリアーしたことはとりあえ素直に喜びましょう(目標はあくまで「インカレ優勝」です)。

残り3試合(順位決定戦も含めると5試合)は目標のない試合となるが、これまで足りなかった部分を補うことと、プレータイムの少なかったメンバーには勝ち負けを意識しなくて(気持ちは必ず勝つ!)絶好の機会であり、思い切りやってステップアップをめざして欲しい。

とりあえずは 乾杯!

2日連続の金星はならず拓殖に及ばず

昨日、青山に競り勝った本塾であるが、2日続きのアップセットとは虫が良すぎた。

本塾のスターターは伊藤・吉川・福元・権田・サワ

昨日の激闘の疲れからかやや覇気にかけるのはしょうがないところか

それでも1Qは頑張る サワ・権田のジャンパーで先手を取る。しかし拓殖の昨年1年で得点王・リバウンド王を獲得した2メートルのセネガル人 バンバ を止められない

(こんな時、高校の1年先輩である黒木がいれば少しはちがったでしょうが)逆転されさらにサワがファールトラブル。しかし、代わった木村がバンバの真上からフックシュートを決めるなど終盤盛り返し、1Qは同点で終了。

2Qも粘りたい本塾であったが、権田・木村・山崎(哲)のインサイドではいかにも苦しい。ゴール下にボールを浮かされ、再三バンバにたたきこまれる。G陣もスピードがあり(拓殖スターティングGの満島は、女優満島ひかりの弟です。やはりイケメン)。

攻め手もアウトサイドの確率が悪く、中にいけばバンバの前にタフショットを強いられる苦しい展開。2桁の点差をつけられ後半へ。

後半立ち上がりは拓殖ペース。しかし、ここから伊藤の3P コートに戻ったサワのジャンパー。さらに大元が3P・片足でフェイドアウエーしてのジャンパーと12点まで詰める。しかしここまでが精一杯、バンバを中心とした爆発的な攻撃力を止められず20点差とされる。

このあたりから来週も考え、本塾はベンチメンバーを多用。木村・後藤の3P、清家のインサイドと奮闘するも点差を詰めるには至らず。2日連続の金星はならなかった。

しかし、この2試合を通し「慶應らしさ」が戻ってきたことは事実。

2週を残し(今年は入れ替え戦は2チームです)、専修を上回ることは決定。白鴎が青山・筑波・1巡目に30点負けている国士館にすべて勝つというミラクルがなければ入れ替え戦は回避です。

まあそんな星勘定は抜きにして、残る4試合全勝でリーグ戦5位を目指してほしい(順位決定戦という奇妙なフォーマットがありますが)。 まずは次戦法政をたたき、公式戦のなかでいろいろなオプションが試せるよう気合いだ!

青山にせり勝つ金星で6勝目

リーグ戦も後半に入り、1部残留に向け青山学院との対戦。

黒木を欠く本塾は、伊藤・吉川・権田・福元・サワ でスタート

試合は1Qから一進一退

本塾は、サワ・権田のインサイドがOFF/DEFで健闘し互角の展開。

本塾がやや抜け出すが、大きなリードとはならない。

フィジカルで勝る青山にも、全員でよく守る。攻め手は権田が好調。伊藤もタフショットを決め、前半は本塾がリード。

後半開始早々、青山の速攻で逆転されるも、大元が3p・ミドル頑張る。6点のビハインドで、この頑張りが大きい。

ここで福元が得意のドリブルスティール、DEFリバウンドの頑張りでイーブン戻す。予定外の木村の3Pがさく裂し、勝敗は4Qへ。

4Q、本塾は後藤を投入。後藤得意の3Pは不発におわるがうまく繋ぐ。

残り5分を切ると、本塾ペースを握る。DRを頑張りブレイク先手をとる。

青山もプライドでねばるが、本塾の気迫が上回る。権田がブレイクを決め残り2分で4点のリード。

その後の青山のオフェンスも全員でよく止め、最後は伊藤がボールキープ。

青山に対し、大阪インカレ準決勝以来の勝利で6勝目を挙げた。

黒木を欠く中、これでほぼ入れ替え戦回避となる貴重な勝ち星であつた。