本間安彦 | 慶應義塾體育會バスケットボール部

新人戦 ベスト4決め

新人戦ベスト4決めの相手は拓殖。
本塾のスターターは、加藤・堂本・サワ・高橋・木村。

本塾の出足は最悪。攻守とも全くかみ合わず、5分でなんと1-15と大きなハンディを負う。
木村・堂本の調子が悪いなか、鳥羽・澤近の両1年生が踏ん張る。
サワがチームを鼓舞し続け、原・小原の1年生Gも頑張り何とか持ち直し12点のビハインドで2Qへ。

2Qになると本塾のペース。高橋のインサイド、鳥羽の3P、澤近のジャンパーなどで徐々に得点をつめるが、拓殖も従来通り3Pが良く決まる。
しかし、本塾は崩れず2点まで差を詰め後半へつなげる。

3Qは、まずは拓殖の連続得点。「やはり厳しいか」と思われたがここから、サワがスパーク。
さらに、鳥羽がタッチダウンパスを受け、ファールをもらい確実に2本沈める。
その後、澤近がきれいなペリメータージャンパーで、ついに拓殖をとらえる。

このあたりから、ジャッジが拓殖よりになったが本塾はめげない。
原の3P(ゴールテンディングでしたが、入っていました)で」ついに逆転。
(結果論ですが、拓殖に立ち直るだけの時間をあたえてしまい、ちょっと逆転が早すぎました)

5点をリードし最終Qへ。
本塾は、連戦の疲れからか運動量が落ちる。それでもサワを中心に頑張り、同点から3Pを入れられれば、すぐに原が3Pで返す。残り3分50秒で同点、本塾のポゼション。
しかし、ここからパスミスが続く。

拓殖のドライブは、トラベリングのはずがなんとバスカン。
「それは違うよ!」とは言ってもも試合は続く。
本塾はDefを頑張るが、このチームでの練習ができなかったためなかなかチームで点が取れない。
残りのファールゲームもFTをきっちり決められ、ベスト4進出はならなかった。

長期のリーグ戦や連戦のインカレでは疲れは言い訳になりません。
また、おかしな笛も球際の強さに勝る結果が、拓殖に傾いたのも一因。

5連戦という貴重な体験のなか、残る2日をいかにがんばれるかが、若いメンバーの糧となることは間違いありません。
春のシーズンもあと2日。最後を頑張ろう。

本間 安彦

新人戦 第1戦&べスト8決め

慶早戦の余韻もせめやらぬ中、僅か1回のチーム練習で新人戦に突入。
初戦の相手は1部の白鴎・ベスト8決めは「腐っても鯛」の日大。

本塾は2試合とも 加藤・堂本・サワ・高橋・木村がスタート。
平均身長では加藤が貢献?して互角も、PG以外は本塾の方がかなり大きいという異例のラインアップ。

両試合ともに、開始からインサイドの大きさで本塾がペースを握る。特に日大戦は、いきなり10-0の立ち上がり。

サワ・高橋が、インサイド・ジャンパーで得点を量産。
加藤、バックアップの原・小原も小さい!ながらも、常に相手PGにプレッシャーをかけ続ける。

1年生コンビも鳥羽がやや遠慮がちなところがみられたが、ワンドリからのジャンパーはきれがある。
澤近は、DEFも頑張りミドルのタッチも良い。まだまだできる能力があり、次戦以降はこの二人の出来もポイントか?

評価を挙げたのは原、低身長ながらボール運びは盤石。苦しい場面での3PもGood!

2試合とも一時は20点の差をつけながら、イージーなミスが続き1桁点差までつめられた部分は反省点大。
とわいえ多分、家治の代以来ベスト8進出。

明日の相手は拓殖。PG以外は本塾がサイズで上回り、それなりの経験のある選手たちだけに二ノ宮の代以来のベスト4進出に期待しましょう。

第73回 慶早定期戦

絶対に勝つ!プロジェクトで若手OBの協力も得た、第73回慶早定期戦の結果をお伝えいたします。

<Bチーム戦>
本戦のためにも「必勝」で臨んだ本塾。一方早稲田も本気。

試合はアップダウンを繰り返すが、山崎・清家の両4年生の足がつる程の奮闘で、一時は17点のリードを奪う。
堂本・加藤・高橋の2年生、ルーキー澤近も良い仕事をする。

しかし、3Q終盤に追い上げられ2点差に迫られる。ここで粘り、近年でも希な高レベルのBチーム戦に勝利し本戦に弾みをつけた。

<女子>
早稲田は、昨年のインカレ優勝。勝敗は問題になりませんが、全員が「今できること」を精一杯表現し頑張りました。
今年は、ここ数年に比べサイズがあるので秋に期待しましょう。

<男子戦>
インサイドが弱い早稲田に対して、本塾は4ガードを選択。
スターターは、福元・大元・真木・西戸・黒木。

序盤、4年生主体の本塾は気持ちが入りすぎでシュートが決まらない。
一方早稲田は、センター宮脇(3年 194㎝ 洛南)が年々下手になりインサイドは無力だが、キャプテン池田(176㎝ 京北)を中心に想定外の山本(4年 190㎝ 福岡第一)の3Pなどで得点しリードを許す(これも倉石氏がクビになった効果か?)
終盤何とか立て直し、故障明けの真木の3P、大元の得点で3点差にとどめる。

2Q、本塾が仕掛ける。黒木に代わったサワがリバウンドによく絡み、さらに厳しいターンショットを決めるなど一時逆転する。
気持ちが高揚したまま絶不調に変わり、投入された中島が頑張り早稲田のリズムを壊す。
西戸に代わった後藤も、無難に役割を果たす。
残り4分 ルーキー鳥羽が登場。連続してドライブを決める!(やはり実力があります)

前半終了のブザーと同時に早稲田にタフショットを決められ、2点のビハインドで後半へ。

後半は、早稲田が先手を取る。一時は8点のビハインドに加え、黒木3ファールでサワと交代。
サワが入るとチームの雰囲気が変わる
真木が池田を封じ込めると大元が3P、ドライブとポイントゲッターの本領を発揮。
さらに真木が連続3P。福元も吹っ切れたように、ローポストからミスマッチをつき得点を重ねる。

対する早稲田は、アウトサイドが落ちだす。リバウンドは、サワとコートに戻った黒木が確実にものにする。
8点のビハインドから11点のリードまで一気のラン。7点差で4Qへ。

4Q、早稲田も意地の反撃で一時は2点差とされる。
しかし、ここから黒木が踏んばる。宮脇を相手にせずG下で連続得点。
さらに大元の3Pで差を広げると、西戸が見事なドライブからイージーレイアップ。
これでほぼ勝敗は見える。

最高に頑張った真木が足をつる。
ここで阪口HCは、副将の気持ちにかけ桑原を投入。普段は不安定なところもある桑原だが、うまくボールをシェアする。
1分を切り福元が落ち着いてFTを2本決め勝負あり。

昨年に続き連勝・・・・とはいえ、代々木では鈴木敦君の代以来8年ぶりの勝利。
代々木で聞く「若き血」には、格別なものがありました。

この日は早稲田のメンバーが小さいため、山崎・木村・高橋といったビッグマンには出場機会がありませんでしたが、秋には存分に暴れてくれることを期待します。

また、「勝ち越しプロジェクト」に参加頂いた若手OBの方々、そして、全てのOBの支援、幼稚舎から塾内のあるいは慶應を応援して頂いた全ての方々の期待に応えて秋の飛躍につなげてもらいたい。

S55  本間 安彦

筑波に敗れ9-16位決定戦へ

関東トーナメントベスト8決めの相手は筑波

筑波は昨年のNo1・2の高校生 杉浦・馬場が2年生となり195㎝がオンザコートに3人常にいるビッグチーム。東海より強く思われ優勝候補の筆頭

対する本塾は西戸・サワを欠き苦しいローテーションを強いられる

スターターは福元・真木・大元・黒木・木村

1QDEFではがんばれるが得点が取れない。筑波のエース杉浦は良く抑えるが得点は7点と苦しい展開。

2Qは大元の得点でなんとかもちこたえるが、黒木が3Fのトラブル。Gも西戸・後藤不在のため中島・桑原がつなぐが残念ながら筑波の能力が上

終盤1年目の高橋・ルーキー鳥羽を投入しなんとか後半へ望みをつなげたい展開となるが、最後の30秒で連続得点を許し23点差とされ後半へ。

後半大元の3P、黒木のG下・高橋の得点などで15点までつめるが、TOが多くまたリバウンドは筑波の高さに制圧される

さらにここから筑波・杉浦が本領を発揮。インサイド・3Pと抑えきれない。さらに194㎝の馬場の3Pとなかなか差を詰められない。

真木・がスピードをいかしたドライブ・福元のジャンパーもすぐに返される。残り3分からはルーキー澤近も登場。

結局後半だけは2点勝ったが前半の点差を詰められず9-16位決定戦に回ることとなった。

個人の能力の差を埋められず敗れはしたものの、鳥羽・高橋も十分に戦力になる力を発揮。明日からの3試合で秋には互角戦えるようチームとしての完成度を上げてもらいたい。

もう少し楽なオフェンスを展開するためには、フロントコートへのボール運びが遅い。福元ガンバレ。

明日は17:00At代々木で対白鴎です。リーグ戦でも確実に勝たなけれならない相手だけに切り替えてがんばってもらいたい。

 

関東トーナメント 第1戦

関東トーナメント 第1戦 相手は関東学園(学院ではありません)大学

本塾は西戸・サワのハッスルマン2人を欠いたゲームとなりスターターは復帰した福元・真木・大元・黒木・木村

試合は練習にもならない力の差が歴然。本塾の厳しいDEFの前に相手はなすすべもない。(したがって経過は省略)

1Qはスターターで戦い40-4と10倍!の点をとり主力は1Qでお役御免。1Qがんばったのは木村。このQだけでダンクを含む19点と爆発。明日は筑波の強力なインサイドが相手だけにこの試合のような奮闘を期待したい。

2Qは練習でも組んでいないようなチームで遺憾な結果となったが、後半は堂本が4本の3Pを決める。堂本と塾高でコンビを組んでいたが諸事情で1年遅れて入部した高橋も長身ながらサウスポーのミドルをうまく決める。さらにルーキー鳥羽(SG 183㎝・大壕)がインターハイ優勝キャプテンのなに恥じない落ち着いたプレーで公式戦デビュー。さらに澤近(FW 186㎝・高知学芸)もデビュー戦とありいかにも固いがトップエンデバー40人に選ばれた本塾にとっては逸材。この4人が明日の試合を左右するとはまだ思えないが早慶戦・リーグ戦に向けて大きく羽ばたいてもらいたい。

明日の筑波は優勝候補筆頭と目されるだけに西戸・サワ不在では苦しいがアップセットに期待し応援しましょう。

なお今年も9~16位決定戦があるためあと4試合そこそこの相手と試合ができるので明日の結果にかかわらず成長の糧としてほしい。

(S55 本間 安彦)

六大学リーグ(追伸)

六大学リーグについては、既に報告させていただきましたが、小生が出向かなかった法政戦を観戦した加藤賢治先輩より連絡がありましたので追伸いたします

対明治戦の山崎(哲)の活躍についてはふれましたが、本塾の正式な記録は「20点・20リバウンド←これは凄い」、だったそうです

そして続く法政戦でも、冒頭は山崎の3連続得点で始まり、ゲームを通して前日とほぼ同じようなスタッツ。DEFも相手インサイドに仕事をさせない、まさに獅子奮迅の活躍だったそうです。

前日のシュートも、昨年のような苦しまぎれのようなシュートではなく、自信をもって打っています。

昨年までは、怪我も多くほとんどプレータイムのなかった山崎ですが、辛口の加藤先輩がベタ褒めでしたので、内容はご想像ください。

なかなかチャンスがなくとも、この山崎を見習って全員が一丸となって向上して欲しいと思います。

チームとしても実際そのような時間帯もありましたが、黒木・山崎の2人を同時に使うことで、大きな選手をSFとして起用できるのでバリエーションが増えます。

土曜日に山崎に「どうしたの?」と聞いたところ、「生で観たNBAを見習いました」との返答。試合を観て学ぶことも大切ですが、決してそれだけでは上手くはなりません。何があったのかはわかりませんが、この自信を最後の一年で爆発し続けて欲しいものです。

 

東京六大学リーグ報告

2015年度の最初のイヴェントとなる六大学リーグ戦は、シーズンインから3日目での開幕にも関わらず4勝1敗で本塾が2連覇をかざって好発進となりました。

本日は観戦していないので、初日・2日目の模様を簡単に報告いたします。

◇対 東大

スターター 中島・真木・堂本・サワ・木村

いつもはドタバタの接戦となる東大戦ですが、立ち上がりから2年生トリオのフロントコート陣が躍動。サイズで東大を圧倒し、たちまち20点差をつける。

東大の破れかぶれのプレッシャーを、中島が軽くいなす。怪我に泣いていた中島であるが、体幹もしっかりし4年目にして「群馬の田臥」といわれたらしい片鱗を発揮。スピードも素晴らしく、本当のPGのいない本塾にあって彼が1部の猛者相手に通用すれば貴重な存在となるので、今後の中島に期待してください。

さて試合はサワ・木村は40分出場、ファールトラブルの堂本の代わりには清家を起用。バックコートは途中からは桑原・後藤のコンビをはじめ、藤井・松岡・原・大村・加藤といった試合経験のないメンバーを使いながら、大崩することもなく幸先よく圧勝した。

◇対 早稲田

スターター 福元・西戸・大元・黒木・山崎(哲)

早稲田は倉石氏が勇退?し少しはチームケミストリーが良くなるかと思われたが、この日は山本が欠場し3年でCを務める宮脇は194㎝ながら完全に伸び悩み。さらに昨春一時スタートを務めた本塾木村と同じ京都・山城高校のライバル中川は退部。スポーツ特別推薦で、それはないでしょう。ということで、インサイドがいかにも弱い。前半こそ早稲田PG池田のドライブなどに得点を許し、一進一退。

しかし、3Q途中山崎・西戸に代わりサワ・木村を投入。この2人に加え、黒木という(本塾にしては)ビッグラインアップが功を奏す。サワの(狙った?)バンクの3P等で、スパート。一気に2桁差とする。その後もリバウンドを支配し、早稲田の反撃を許さず連勝。

◇ 対 立教

スターター 中島・真木・堂本・サワ・木村

立教は、このところの強化の成果で昨年も2部の中位。今年も、そのくらいの力はある。それに対し本塾は、主力を温存しての試合。この試合は、堂本がGood。積極果敢にリバウンドに飛び込み、何度となくセカンドチャンスをものにする。こういった飛び込みリバウンドは、本塾に不足している部分だけに彼にも春はまだしも秋には戦力になってくれると、3番ポジションが楽になるだけに頑張ってもらいたい。その堂本の活躍もあり、本塾が優勢。しかし、中島・真木・サワをベンチに下げるとペースは立教へ。後藤の3P、桑原の連続3Pなどで対抗するが、立教もアウトサイドがあたりだし、逆転を許す。4Q本塾は、スターターに戻すが立教のアウトサイドを抑えきれない。残り1分を切り真木の3P、さらにスティールから見せ場を作るがわずかに届かず1敗目を喫した。

敗れたとはいえ、堂本の活躍は大きな収穫であった。

◇ 対 明治

スターター 福元・西戸・大元・黒木・山崎(哲)

明治は、倉石氏と並ぶ大学HCの(うるさい)2大巨頭 ツカチャンが解任され(法政のHCになるという話 そんなのありかしら)、ベンチが盛り上がらない。

試合序盤から本塾が押す。特に、西戸が素晴らしい、DEFではボールマンに厳しいプレッシャーをかけ続け、攻めては数年前のニノ(今や二宮君はトヨタのスタートです)顔負けのドライブ。さらに、ドリブルからのストップジャンパー。1回などは明治のDEFがストップに対応できず、吹っ飛んで行ってしまったほどです。(20年も前になりますがMJはNBAファイナルでDEFのブライヨン・ラッセルを同じように手玉に取り決勝のジャンパーを決めたのを思い出しました・・・古い!)ミスも少なく、今年の西戸はすごいですよ!

黒木もフックシュート、ショートコーナーから弾丸のようなジャンパー、見事なスピンムーブと多彩な攻撃で頼りになります。

しかし、この日のMVPは山崎!!(前日の試合で失望した土田先輩・安永先輩 嘘ではありませんよ)

早稲田戦は頑張った山崎、この試合ではオフェンスもすごい。セカンドチャンス・合わせのプレーだけでなく、後半にはショートコーナー・ペリメーターと3連続でジャンパーを決める。リバウンドも、相手の後ろからもぎ取るなど。20点超2桁リバウンドと(今はリクルートカットですが)、昨年までの髪の毛のように爆発状態。でも決してまぐれではなく、これまでの彼が愚直に努力してきた成果でしょう。(サワ・木村、奮起しないとプレータイムがなくなるぞ!)これが本物(そう信じています)なら、200㎝はいないもののサイズ的にもそこそこ戦えるラインナップとなるので嬉しい大誤算。

試合も終盤メンバーをおとしながら楽勝した。

◆ このシリーズ各チームともいろいろな選手を試しているので、この結果を額面通りに受け止めてはいけませんが、大きく伸びた(オフの間に上手くなるのですかネ?)選手たちがチームを底上げし、チーム内での競争でチームレベルアップに期待しましょう。

S55 本間 安彦

オールジャパン2回戦

オールジャパン2回戦の相手は、兵庫ストークス。前日に続き、塾長にご観戦頂きました。

聞きなれない名前ですが、廃部となったパナソニックの選手中心のチームですから個々の力量は十分。さらにセンターのバッツは、211㎝133キログラム(体重はもっとありそうですし胸板の厚さは人間離れ。あの早稲田の倉石HCの倍あるのではないかと思わせる巨漢、大内会長いわく 大相撲の「大砂嵐関」)とあって、インサイドは対抗のしようがない。

序盤こそ西戸の3P、サワのジャンパーでくらいついたが、ここから兵庫はバッツにボールを集める。マッチアップのサワが当たると、逆に跳ね飛ばされる。これだけ強力な起点があると、兵庫は自由自在のオフェンスを展開できる。

残念ながらこの時点で、勝負あり。

しかし、本塾も沢山の声援をうけ懸命のプレー。伊藤のスティール。真木が速攻からスピードを活かしレイアップ(来年はDEFに加えこういったプレーを望みたい)。

塾長は所用で途中でお帰りになるということで、2Qには清家を投入。その清家ワンバウンドながらDRをゲットし、オールジャパンのスタッツに記録をのこす。宮幸監督・阪口HCのナイスプレー。

後半に入ると、サワの連続得点、権田への絶妙のパスからのブレイク、伊藤の3Pと見せ場もつくるが力の差はいかんともできない。

バッツの速攻には、コースに立った中村に「逃げろ」。こんなところで大怪我をおいたくはありません

勝敗は決し、本塾はベンチメンバーを繰り出し負傷欠場の黒木・福元を除き全員出場。この経験を、来年に活かして欲しい。

結果は大敗でシーズンを終えたが、最後の舞台が第二体育館であったのは今シーズンの頑張りのご褒美でしょう。

4年生はこれで引退となりますが、4年間ご苦労様。考えてみれば、春のボロボロのチームから、慶早戦勝利、リーグ戦では青学を破り早々と1部残留、インカレはあと一息でとどかなかったもののベスト4の夢を見せてもらい、

延世大学・九州電力にせり勝と結果を残してくれた学生全員にご苦労様。そして来年の飛躍に期待しましょう。

(追伸)

書きもらしましたが、1回戦の九州電力戦。後半一時ユースケがベンチに下がったのが不思議でしたが、後から聞くとハムストリングの肉離れ。再登場し、何も無かったようなプレーを展開したユースケは、昔と変わらぬ鉄人です。